コラム

復興

震災から8年。東北風土マラソン

みなさん、こんにちは。
 
今日は、先日3月23、24日に登米市長沼フートピア公園で開催された「東北風土マラソン&フェスティバル2019」をご紹介します!


「三寒四温」とは昔の人はよく言ったものです!
今回はまさに途中、降雪や強風など、厳しい天候の中になりましたが、それに負けないぐらい、参加者も出演者も来場者も笑顔あふれる大会となりましたーーー!!


東日本大震災からの復興、東北の交流人口増加産業振興を実現を目的に、2014年から始まったこの大会は今回で6回目
 
あの世界でもファンランで有名なフランス「メドックマラソン」とタイアップした大会で、食べて、飲んで、走って楽しむ!をコンセプトに、東北の食と日本酒、そしてスポーツを楽しめるイベントです!。
 
今年度は外国人ランナー約200名のエントリーがあり、それらを含む5826名が出走。うち5512 名が完走しました!


また、ステージでは、サンプラザ中野くんらの超盛り上がるライブ!
 
さらには、東北の食を楽しめる選りすぐりの地元店舗が40出店。他、東北中の18の蔵元から100を超える銘柄の日本酒も大集合!
 
子どもからシニアまで楽しめる企画満載の新設コーナーなど、多数の企画が同時開催されています。
 
見てください!この食材の数々~♪(ヨダレが。。。笑)


さらに、東北風土マラソンを盛り上げる企画として外せないのが「仮装ベストコスチューム賞」毎年ランナーに、テーマに合わせた仮装で参加頂いており、今回の仮装テーマは、「アミューズメントパーク」
 
会場には、世界的に有名なアミューズメントパークやアニメなどのお馴染みのキャラクターの格好をした仮装ランナーたちが溢れ、大会を盛り上げてくれました。笑
 
例えば、
 

こんな感じで-(笑)
 
さて、この大会は、楽しい企画だけでなく、参加者の皆さんの、さまざまな思いが交流する企画でもあります!

 

例えば、「被災直後にお世話になった県外の人にお礼がしたい」という思いから、石巻の漁師さん達が一丸となり、ランナーの為にフードを提供していただきました。
 
また、県外からの参加者からは、
 
「美味しいご飯が次々と出てきて、次のエイドに行くのが楽しみになるくらい元気に走れました。長沼の景色も疲れを忘れる程綺麗で「東北にはこんな素敵な場所があるのか!」と大変驚きました。」とか
 
「「疲れてつらい!」という場面で、コース沿道に出て応援をしてくれる地元の方が居たり、大漁旗ブラスバンドの演奏があり、とても元気をもらいました!少し休憩した後で、友人達とこのまま東北観光をする予定です。」など、
 
まさに「マラソンを通して、東北と世界をつなげる」取り組みなんですねー!これからも、東北の「風土」「FOOD」の魅力を発信するマラソン大会ですので、ぜひ、多くの皆さんに参加して頂きたいと思っています!ご期待ください!♪
 

人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン