コラム

復興

気仙沼ニッティング

みなさん、こんにちは。
今回は、気仙沼で手編みのセーターやカーディガンを編む素敵な会社を紹介します。
その名も「気仙沼ニッティング」。三陸在住の方々が手編みでセーターやカーディガンを編んで全国のお客様にお届けするというものですが、最高級の品質にこだわり、そして時間をかけて手作りで編み込むセーターは、全国に大勢のファンが広がり続けている注目度の抜群の素敵な会社なんです!

 

 

まさに隠れ家のような素敵なお店「気仙沼ニッティング」は、震災以降の気仙沼で、地域の誇りを生み出すために、御手洗さんという女性が立ち上げました。そこで考えついたのが、1着8万円から20万円という高価格セーターを、一つ一つ手編みで時間をかけて仕上げていくこと。

 

 

「高価格だけど一生使える」という、高品質へのこだわりと、購入後の手厚いアフターサポートもあって、本当に一生寄り添っていただけるようなビジネスモデルを構築されています。そう考えると安いかもしれませんね。しかも、各セーターにはシリアルナンバーが刻まれており、誰がいつ編んだセーターなのかわかるようになっています。(スゴイ!!!)

 

 

ちなみに、このセーターの原料となる毛糸は、となりの南三陸町にある牧場「さとうみファーム」が育てた、ふたごの羊「コメ」と「ミソ」からとれた毛で編んだ商品で年間数着程度が作られる限定品です。しかも、この毛糸を刈っているのが、この「東北あいターン」がきっかけで、南三陸に移住した男性なんです♪(これまたスゴイ!!!)もちろん、全ての商品が南三陸産の羊で賄えないので、他の毛糸は、気仙沼ニッティングオリジナルの毛糸を、スペインとイギリスから取り入れているそうです。

 

 

こちら、気仙沼ニッティングは、営業日が、毎週土曜日の11時から18時のみの営業です。営業時間が限られていることや、お店の位置が内湾地区の丘の上という小高い場所にあり、なかなか足が運びにくいかもしれませんが、実際に足を踏み入れると、ほんと清潔感あふれる素敵な空間で、気さくな店員さんに魅了されます♪

 

 

内湾を見渡すことができる素敵な景色とともに、気仙沼ニッティングに、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?

 

気仙沼ニッティング
http://www.knitting.co.jp/

人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン