コラム

復興

1.17 希望の灯り

みなさん、こんにちは。
今日は、震災から24年を迎えた阪神淡路大震災についてご紹介します。

 


本当に、あっという間の24年。。。
 
今年の1.17は、例年より気温も暖かいためか、多くの人が追悼を行う神戸市三宮にある東遊園地に集まっていました。震災後に生まれた子どもたちも、たくさんブースを手伝っていたり、今年の「1995 つなぐ 1.17」のテーマを体現しているような感じがしました。
 

 

 
会場の北側では、東日本大震災の慰霊、応援の為の雪だるまと風車が今年も設置されていて、風車にかかれている、たくさんの祈りのメッセージが心に響きます。
 

そして、5:46が近づくと、俳優で「NPO1.17希望の灯り」の堀内さんの朗読音声が流れ、全員で黙祷です。朗読の内容をご紹介します。
 
1.17 希望の灯り
 
1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災

震災が奪ったもの
命 仕事 団欒 街並み 思い出

・・・たった一秒先が予知出来ない人間の限界・・・

震災が残してくれたもの
やさしさ 思いやり 絆 仲間

この灯りは
奪われた
すべてのいのちと
生き残った
わたしたちの思い出を

むすびつなぐ
 
あの日、私の知人の下宿が崩壊し出火してしまい、知人と先輩たちが犠牲になってしまいました…「お前たちは逃げろー!」と後輩に何度も何度も叫び、知人も泣く泣く裸足で避難所に向かったそうです…
 

 
改めて、本当に多くの方が、人生の夢や目標がありながら、道半ばで犠牲になられていることを感じました。この想いを忘れず、必ず未来につなげていきたい。。。私たちは、まだまだ実践が足りないかもしれませんが、一歩でも前に、良き社会づくりに力を尽くしていこう。そのことを、黙祷でもお伝えさせてもらった貴重な時間となりました。
 


 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン