コラム

旅・ひと

韓国人シュギちゃんとのコリアンナイト

 
みなさん、こんにちは!
今日は、気仙沼に移住した韓国人「シュギ」ちゃんを紹介したいと思います!
料理上手なシュギちゃんは、僕たちに韓国料理を作ってくれました。

 

 

右側にいる女性がシュギちゃんです。手前のピースをしている男性2人も韓国人です。

 

 

トッポギチヂミをいただきました!
トッポギは、醤油ベースとコチュジャンベースの2種類を用意!韓国の方はコチュジャンをたくさん入れるので、全体的に辛味が強い韓国料理でした。辛さの中に甘みが効いているのが美味しさのコツです!(だそうです!)

 
ソウル出身の元気な女の子、シュギちゃんは気仙沼のビジネスホテル、ラジェントインでフロントスタッフとして働いています。
 
最近気仙沼では韓国の方が増えていて、気仙沼にできたオルレのコースが関係しています。皆さんは、オルレをご存じですか?オルレとは、韓国で流行している自然を楽しみながら歩くトレッキングコースのことです。韓国人の観光客を気仙沼に誘致するために、気仙沼のホテルでは韓国人を社員に採用してフロントを任せています。気仙沼のビジネスホテルは積極的に韓国語を使える人を採用しているので、今後も韓国人との交流が多くなることでしょう。

 

 

唐桑オルレの魅力は、何と言ってもですね!
シュギちゃんは、気仙沼に移住してから4ヶ月ですが日本語がとても上手です。その理由は、日本のテレビジャニーズが大好きだったから(笑)

 
特に、関ジャニ∞が大好きで、ライブやテレビ番組を見ながら日本語を覚えていったそうです。韓国でも日本のテレビやアイドルは人気で、日本語を勉強する教材にしている人は多いそうです。ハングル語は音が日本語とよく似ているらしく、日本人にとって韓国語は勉強しやすい語学という話もしてくれました。

 
活発なシュギちゃんは、数々の武勇伝を持っています。
まだ出会ってから1ヶ月しか経っていませんが印象的なプロフィールがたくさんあります(笑)
 
・ジャニーズで日本語習得
・高校時代に始めた武術で30キロの減量
・スペインが大好きで韓国料理の具材をスペイン料理にアレンジして料理

 
などなど、話していると新しい情報がたくさん出てくるとても楽しい女性です。

 
そんなシュギちゃんは料理が得意。そこで韓国料理を囲んで交流会を開催することになりました。韓国から取り寄せた食材を使用した本格韓国料理を気仙沼でいただきます。

 

 

食材は、おなじみキムチトッポギチャプチェ。そして韓国の万能調味料ダシダやチヂミ粉を使用します。

 

 

チャプチェはお祝い事があるときにみんなで食べる韓国料理です。いもが原料の麺は春雨よりも歯ごたえがあり、様々な具材と合わせることができます。
 
チヂミはシュギちゃんオススメの料理で薄く伸ばして作ることがコツだそうです。韓国料理はごま油をたくさん使うイメージでしたが、シュギちゃんの家庭では、ごま油は贅沢だからサラダ油を使用して作っていたみたいです。

 

 

そして、本場韓国産のキムチは白菜が丸ごと入っている状態で袋から出てきました。取り出してから食べやすい大きさにカットして料理に活用します。白菜がそのまま入っているのは衝撃でした!!!(笑)

 

 

そして、調理しやすいようにカットしていきます!そのまま食べると味が濃く、日本のように甘さが強くなく、発酵させた香りが強いイメージです。香りが深いチヂミを食べたときに、本場韓国のキムチを使いたいというシュギちゃんの言葉が理解できました。

 

 

今回参加した男性の一人もシェフ経験があり、得意料理はプルコギ!次回はもっと違う韓国料理を楽しめるかもしれません。日本にいながら外国の料理を楽しむことができるのは嬉しい限りです。次回はどのような料理を楽しめるのか、移住してからの楽しみが増えた料理会でした。

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン