コラム

旅・ひと

僕の移住留学日記 ~陸前高田市広田町⑥最終回~

 
みなさん、こんにちは!!
東北あいターンブロガーで三陸移住者のこいちゃんです!
 
4月15日の入学から始まり、こちらのブログにて、これまでで5回の移住留学記を掲載してきましたが、今回は、最後の「移住留学記」の様子、その中でも実践Dayの取り組みを紹介いたします!♪

 
実践Dayとは、やりたいことを1日かけて実践に移すという時間です。今回みんなで実践したメンバーのやりたいことは

 

◆夏のジュース作り!
◆グランピング作り!
◆シンクロ!
◆高飛び込み!

 
まず、夏のジュースは、かき氷シロップを固めて、カラフルなゼリーのソーダで完成!屋台で出せるかもしれないと大盛り上がりの一品でした(笑)

 

 

 
続いて、グランピング!廃材を活用してのグランピングは、前からやってみたいことでした。ちなみに、グランピングとは「グラマラス(魅惑的な)とキャンピング」を掛け合わせた造語です。豪華なキャンプではなく、広田町の風景に合う素敵なグランピングにしようとメンバー全員で試行錯誤しました♪

 

 

まず、材料は買いに行かず、広田町にある廃材を利用。シートピンと釘を持って来て、シェアハウスにある余ったシーツを持って来てテントがわりにします。土台となる軸の角材を入れて穴を掘ります。最初にメンバー同士でイメージを共有してから、シーツの張り具合を調整して作業した結果、完成までスムーズに行きました。もう同じメンバーで作業をしてから3ヶ月が経過したので、チームワークが良くなった証拠ですね!とても嬉しくなりました♪

 

 

そして、猛暑の中でテントを張った後は、海へ移動!!!海水浴です!!!
 

海開きが始まったばかりという事もあり、たくさんの人たちで賑わっていました。あまりの人のため駐車場がいっぱいになり、近くの穴場の海水浴場へ移動してシンクロと高飛び込みを行いました。シンクロは、チームで振り付けを決めながらやったのですが、波が強くて全然動きが合いません!(笑)写真からは伝わらないと思いますが、楽しさは伝わると思います(笑)

 

 

一人ではやらない(できない)ことでも、仲間がいるとできる。。。
 

実践dayという日は、移住留学のメンバー7人の日程が調整されていて、一緒にやりたいことにチャレンジできる日です。最後の振り返りで「みんながチャレンジできる価値」を再認識しました。これからの人生では、みんなの日程が合わなくても、自分でチャレンジできる環境を作り出して行きたい!と思う貴重な時間となりました!今後に活かしていきます!!

 

 

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン