コラム

旅・ひと

僕の移住留学日記 ~陸前高田市広田町①~

 
みなさん、こんにちは!
東北あいターンブロガーで三陸移住者のこいちゃんです!
 

今回は、岩手県陸前高田市広田町で行われている移住留学をご紹介します!♪この移住留学のプログラムは、約4ヶ月間行われるのですが、僕も特例?笑)で、この移住留学に参加しています!まずは、最初の1週間の体験をレポートにまとめてみましたのでご覧ください!

 

まず、移住留学する広田町への入町式から始まりました。自分も含めた受講生5名が、町民の前で自己紹介を行い、そのあとで交流する時間を過ごすというものです。

 

 

僕のテーブルには、陸前高田市の行政職員を務めていた方が座っていたのですが、この方がテーブルにいたメンバーに伝えてくれた言葉に、とても感動しました。それは、

 
「震災で3分の1の職員が犠牲になった。そこには昔、一緒に飲み歩いた奴らがたくさんいた。まだ若かったのに津波で流されてしまった。だからお前達みたいに移住してくる奴らは犠牲になった奴らの生まれ変わりだと思って大事にすっから!」
 

僕は、既に移住者で南三陸町に5年住み、そして気仙沼にも通う生活を過ごしているのですが、なぜか広田町の人から声をかけられることが多く、聞いてみると関東から来た大学生よりも、隣町から来る若者のほうが、親近感があるみたいだからそうです(笑)話してみると、共通の知り合いが多くて、“5年くらい会っていなくて近況を知りたいと思っていた方や、南三陸に住んでいる友人を僕が知っていたりなど、距離は離れていても三陸沿岸はつながっているんだなあ。と実感しました。

 
続いて、受講している5人のメンバーです。

 

 

地域おこし協力隊で移住して来た人、漁師町で整体師として働きたいという思いで移住を決断した人、教師になる夢を叶えるためのステップとして受講する人、自分のことを見つめ直すためにやって来た人。そして「やりたいことを形にする力」を身につけ、実践を繰り返すための場所として移住留学を選んだ最年長の僕。この5人のメンバーでこれから4ヶ月を過ごします。

 

 

移住留学では週に1回の授業と実践を行う日があります。実践は自分たちのやりたいことと、広田町のためになることを掛け合わせたものになります。どのような学びや気づきがあるのか。4ヶ月間が本当に楽しみです!!

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン