コラム

食・自然

昭和28年創業 塚本八百屋(気仙沼市南町)

 
みなさん、こんにちは!!
今日は気仙沼にある飲食店、塚本八百屋を紹介したいと思います♪
 

 

 

 
塚本八百屋は、昭和28年に町の小さな八百屋さんとして、気仙沼市南町に誕生し地域に愛され続けて来ましたが、震災によりお店が流失してしまいました。息子の大輔さんが東京から帰省して、飲食店を併設した形でお店を開業しました。現在は本設の商店街として運営されている、気仙沼南町紫神社前商店街の中にあります。

 

 

 
今回頂いたのは牛すじカレー。甘口で野菜の甘みが引き出された味に仕上がっています。食事をしながらマスターの大輔さんと話していて驚いたのが、東京では普通のサラリーマンだったそうです。IT系の営業をしながら、趣味で料理をしていたら、ふるさとに戻ってお店を持つことになった(笑)と、笑いながらお話してくださいました。
 

 
帰省を考えるようになったきっかけは、震災でこれまで続けてきた父親の商売を終わらせたくない、という思いが強かったからだそうです。しかし、気仙沼で就職を考えると都会で詰んだキャリアを生かせる仕事は少ないので、自分で起業するか家業を継ぐか、2択になってしまうという話が印象的でした。
 

 

 

 
ちなみに、家業の八百屋さんは店舗外のスペースを利用して運営しており、大輔さんのお父さんが店番をされています。親子で家業を営む。。。素敵だなと思いました!

 
お話を伺うために、お昼休憩が終了した13時から店に伺ったのですが、貴重なお話を聞くことができました。気軽に立ち寄ることができる美味しいお店が気仙沼に増えて嬉しい限りです!夜はワインバルで、全く違う色を魅せるお店に変化するとのこと!次回は夜に行ってみたいと思います!!皆さんも気仙沼に来られた際は、ぜひお立ち寄りください!(^^)
 

 
塚本八百屋
http://tsukamoto808.com/
 

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン