コラム

食・自然

帰って来たサンマのたい焼き!

 
みなさんこんにちは!!
今日は、気仙沼名物?の「サンマのたい焼き」をご紹介します!!

 

 

サンマのたい焼きとは、名のごとく、サンマの形をした「たい焼き」のことで、「サンマミーア」というお店が販売しています。中身はあんこやカスタードで油で揚げた物があります(^^)

 

 

 
サンマのたい焼きを始めたのは、菊池隆太郎さんという気仙沼出身の男性の方です。隆太郎さんは一度、東京の方へ就職していましたが、震災をきっかけに、地元気仙沼へ戻り復興支援活動を行っていました。その時に料理が得意だったことや、移動販売で食べ物を販売したいという想いから、軽トラでサンマの形をしたたい焼きの販売を始められたそうです。

 

 

最初はスーパーの近くで売っていましたが、お店に人が集まるようになり、独立してお店を構えるように勧められることが多くなり、さらに移動販売で並んでいるお客さんを待たせたくなかったという気持ちと、独立して店舗を構えた時に、どのくらいの人が来てくれるのかを知りたくなったという動機から「サンマミーア」をオープンさせました(すごいですね!)

 
当初は7年計画で事業計画を作り、順調にお客さんも増えて行きましたが、2年目で道路の拡張工事のためにお店の閉店を余儀無くされました。それでも、隆太郎さんは諦めずに、移動販売でイベントやお祭りへの出店を重ねながら再開の準備を進めてこられました。

 

 

そして、今年の4月に気仙沼のメインストリートである田中前の一角にお店を再開させることができました!!!お店の名前は「サンマミーア2」!!!

 

 

隆太郎さんの友人である移住者の女性作家「めいさん」の創るキャラクターと一緒に再スタートを切りました。

 

 

「昔は、気仙沼で一番の商店街だった田中前という地区も、現在ではお客様を仙台に奪われ、人口減少とともに集客に課題を抱えている」と隆太郎さんは話します。通学帰りの子供や自分たちのような若者に気軽に立ち寄ってもらい、田中前の商店街を活気ある場所にしたいという思いを語ってくれた隆太郎さんと一緒に食べたサンマのたい焼きは、懐かしさと元気をくれた忘れられない味になりました。

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン