コラム

食・自然

大島へクルージング

 
みなさん、こんにちは!!
今日は気仙沼にある大島へのクルージングを紹介します。

 
きっかけは、以前ブログでご紹介した、お試し移住者の伊藤くんが気仙沼へ戻ってきたときに、気仙沼消防にお勤めされている小野寺大さんが「俺の船でクルージングしよう!!」とご提案をいただいたことが始まりでした。大さんは、休みの日に、僕たちをスノーボードや釣りなどによく連れて行ってくれるのですが、昨年の冬にはスノボに連れていってくれました!

 

 

そして、ついに昨年公言していた小型船舶免許を取得して、ご自分の船を購入されました!!遊びにとことんこだわる大さん。本当にお世話になりっぱなしです。伊藤くんが、「気仙沼の人に魅了された人の温かさ」という魅力を全面に表われている方ですね!

 

 

自宅から船を車に連結させて、いざ海へ出発!小型ですが船は重く、船体をまっすぐにして海へ入れるのに苦労しました(汗)船はスピードを上げて大島へ向かいます。大島は、人口3000人ほどの有人列島で、僕たちは今回初めて船で上陸しましたが、大さんは、小学生時代、大島まで泳いで渡った後に、フェリーで戻って来たそうです。少年時代に戻ったように、思い出を語りながら船を進める大さんの姿が目に焼き付いてます。

 

 

左がお試し移住で気仙沼に住んでいた伊藤くん
右が気仙沼出身で消防士の大さん

 

 

現在、工事をしている大島架橋の下をくぐります!!何度も遠くから見ていますが、まさか近くで見ることができるとは、、、思わず感動の瞬間でした。

 

 
そして、開放感で空を飛んでいるかのような気分(笑)

 
船から降りた後も、興奮が冷めませんでした(^^)
移住してから年月が経過するに連れて、関わる人も遊びに連れて行ってくれる人も随分増えました。四季に応じて様々な遊びを楽しむことができる三陸沿岸の移住生活ですが、その根底にあるのは帰って来た伊藤くんが口にしていた「人の温かさ」です。自分も温かさをもらうだけでなく、少しづつ恩返ししていきたいと感じたクルージングでした。
 
みなさんお試し移住したら何がしたいですか??一緒に遊びに行きましょう!

 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン