コラム

食・自然

◎◎みんなでよるごはん◎◎

今日は、気仙沼「ゲストハウス架け橋」で行われているイベントについてご紹介します。

 

「ゲストハウス架け橋」って??
「ゲストハウス架け橋」は、気仙沼階上地区にある古民家をリフォームし、宿泊施設として運営しています。

 

普段は、気仙沼を訪れた旅人たちによく利用してもらっていますが、架け橋でイベントが行われると、地元の方や移住者の方も集まってくるんです。(以前紹介した“夜な夜な架け橋”の他にも架け橋で行う企画や地元の方が企画したイベントが、週2~3回のペースで行われています。)

 

 

今回行われたイベントは“みんなでよるごはん”
名前の通り、みんなで集まって夜ご飯を食べるイベントです。

 

 

架け橋スタッフの“村松ももこ”さんが、全員の食事を作ってくれます。
この日はオムハヤシでした。

 

 

ご飯を食べに来てくれた方も差し入れを持ってきてくれました。

 

 

このイベントができたのは今年の11月から。気仙沼に移住してくる人はいるけど、毎日仕事と家の往復で、他のコミュニティに属せず、嫌になって地元へ帰ってしまう。そんな人達が少しでもいなくなるようにとこのイベントを始めました。

 

架け橋に来る人は誰でも大歓迎。
地元の人たちとお話したり、宿泊者の方と交流したり、ここではみんな温かく迎え入れてくれて、誰でもまったりと自由に過ごすことができます。

 

みんなが「ただいま」と言って帰ってこれる場所なのです。一人きりになることはありませんよ。ぜひ遊びに来てください。まずはゲストハウスのお客さんとして、この雰囲気を体験してみるのもありかもしれませんね。

 
 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン