コラム

食・自然

◇◆どんこ◆◇

みなさん、こんにちは(*^^)v
今日は三陸産の珍しい魚についてご紹介します。
皆さんは、どんこ(名称:エゾイソアイナメ)という魚を御存じでしょうか?

 

 

どんことは、体調は30センチ前後、下あごに髭(ひげ)があり、細長く尾鰭(おびれ)が黄色。
ちょっとグロテスクなのが特徴です!(笑)

 

三陸を中心に好まれており、北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県で、本種専門の漁があります。魚本体よりも、肝が尊ばれており、焼きもの、汁物にしても肝をいかに使うかが大切とのこと。どんこ汁(味噌仕立て)、さかさ焼き、なます、たたきなど、名物料理も多数あります。

 

 

三陸の漁師さんにお話しを伺ったところ、沖合20キロ(片道1時間15分ぐらい)が漁場で、水深200mにカゴを設置し、漁を行います。このぐらい深い海域の水温は5~7度と一定のため、胆も年中美味しく食べれるのだとか!?値段も高級な時にはキロ数千円以上になるほどの魚です。
旬は秋から冬ですが、何と言っても鮮度が落ちやすいのが特徴!

 

地元でしか食べれない珍味を、ぜひ、堪能して頂きたいと思います!!(^^)
 
 
人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

運営:NPO法人ユナイテッド・アース

東北あいターン