移住者の声移住者の声イメージ

第二の故郷。東北。

第二の故郷。東北。

この取組に参加した人たちは約150人。
地元に戻った人もいれば、結婚して永住する人までさまざまです。

命の大切さ・人とのつながり、困っている人の手助け…人生が凝縮している場所です

大阪府出身 / 吉田素直さん

 

img-yoshida

移住を決めたきっかけ

僕の移住のきっかけは陸前高田の人と震災前に関西で出会い、結婚して婿養子に入ったのがきっかけです。結婚がきっかけで陸前高田に来ました。実際に住んでみて、一番最初に妻の家に行った時に、目の前に大きな広い海があるということが一番すごく良いなと思いました。よくよく住んでみると海もあって山もあって川もあって大自然に溢れるところなので、そういう自然が大好きなので、すごく良いところにご縁をいただいたないうふうに感じています。

 

実際に住んでみて

陸前高田市は、岩手県、東北の中でも一番広範囲に東日本大震災の影響を受けた場所で、人・物の被害が本当に大きい場所です。そのことは、陸前高田に来る前から知っていたのですが、実際に来て住んでみると、復興状況が現地の人達の思いに沿って進んでいるのかが、ちょっと分かりにくい面も見えてきたりもしました。本当にこれでいいのかな?という思いもあれば、いや、これでいいんだ、というような両方の気持ちが入り混じるような感覚です。それでも、復興に向けて前に進まないといけないので頑張っています。

あと、この陸前高田市は、地域の密着性というか地域同士の繋がり、親戚同士・親類同士の繋がりが本当に深い場所です。最初は打ち解けるまでは奥ゆかしいというかちょっと距離感を感じるところはあるけど、一旦中に入り込めると暖かい人達が多いです。

 

移住を考えている人へメッセージ

この陸前高田市や、東北地方は、大地震・大津波で本当に大勢の人が亡くなっていて、大勢の家や財産・物が流されてしまっています。瓦礫はもう無くなりましたが、復興の過程において、本当に様々な問題が発生し、本当に現地の人達が一番大変な思いをしています。震災に関する情報も少なくなっていると思いますが、いまだに仮設住宅に住んでいる人達がたくさんいます。ある意味、どこまでが復興なの?と考えてしまいますが、一つ言えるのは現地のすべての人達の心が落ち着くところまでが復興だと思います。

いま、陸前高田市では、復興・新しいまちづくりを目指して、頑張っていますが、まだまだ若い人たち、特に新しく移住してくださる人の力添えが本当に必要です。

来て・見て・感じること、本当に人生の全てが詰まっている被災地、命の大切さ・人とのつながり、また困っている人の手助け等、人生が凝縮している場所なので、行って何かしたいって思ったり、ちょっと行ってみたいなという気軽な気持ちでも良いと思います。まず、現地に来てもらえたらなと、感じてもらえることは必ずあります。

ぜひ一度足を運んでみてください。よろしくお願いします。

 

img-yoshida2

ボランティア活動から、移住して起業家へ

田中惇敏さん

人生の先輩方から、いろんなことを沢山教えてもらえます。

煙山美帆さん

信頼できる人や支えてくれる人がたくさんいる

岡田勝太さん

本当にやりたいことに巡り会えたので社員になりました。

小出 悟さん

「いち支援者」じゃなく、「いち町民」になりたいと思ったのがきっかけです

藤本 侑美さん

今どうしようか悩んでいる人がいたら、来るだけでもいいんじゃないかなと思います

小川 紗絵子さん

自然と共存している、過酷な環境の中でもより深く繋がっている

山本 真裕さん

今は単純に「何かしたい」じゃなくて、この町が好きだからこの町に住む

中島 綾子さん

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

東北あいターン