気仙沼市について

気仙沼市の概要

  • 本吉郡気仙沼町と鹿折町・松岩村が合併し、気仙沼市が発足。
  • 2011.3.11の東日本大震災による被害状況は、
    死者数1,214人、行方不明者数 220人、8,483棟の住家が全壊した。
  • 大津波と流出した石油の引火による広域火災により甚大な被害を被った。

気仙沼市の産業と自然

宮城県沿岸北部に位置し、三陸海岸南部の交通や商業の拠点。
複雑な海岸美が特徴的なリアス式海岸を持ち、優れた景観を持つ観光資源が豊富な町です。
水産業と観光が中心で、特に、マグロ、カツオ、サンマは、全国有数の水揚げ高を誇り、 ふかひれ(鱶鰭)の産地としても有名。その水揚げ量は日本一。
東日本大震災被災により、気仙沼市全域の飲食店の7割が津波により店舗を失った為、仮設店舗施設で事業を再開しています。

震災から復興に向けて頑張り続ける気仙沼市。
あなたも、この町に住んでみませんか?

東北あいターン