コラム

旅・ひと

★☆ワールドビジネスサテライトに紹介されることになりました!☆★

みなさん、こんにちわ。
まもなく東日本大震災から5年です。いまもなお仮設住宅での生活を余儀なくされている方々は沢山いらっしゃいます。。。

 

仮設1

 

一方、災害復興住宅や病院、学校が完成するなど、少しずつですが未来に希望を持てる足音も増えてきています。

 

2

 

その希望の一つになればと、私達が3年前から進めている南三陸あいターン(南三陸復興応援バイト)という、プロジェクトがあります。
これは、南三陸で働きながら復興支援に関わる、移住お試しプロジェクトです。

 

3
これまで約130名が全国から集い、3ヶ月以上働きながら南三陸町で生活を共にしました。その中から約20名近くが定住し、今でも南三陸町で働いています。

 

4
この取り組みが、今回【テレビ東京】ワールドビジネスサテライト様にて放映されることになりました!

 

5

 

放映予定日は、3月10日午後11時~ (BS 3月11日夜中0時~)です。
よろしければ、ぜひご覧ください!

 

6

 

いま、地方創生や一億総活躍が取沙汰されていますが、特に被災沿岸部では、非常に深刻な危機感が漂っています。それは人口減や人口流出問題。つまり、このままでは町が地域が消滅するのではないか…という危機感です。

 

7

 

自分が生まれた町が消滅するかも…、そう考えただけでも悲しい気持ちになりますし、何とか助けになりたい…という感情が沸いて来るのも人情です。しかし、これだけでは、残念ながら人は動かないのが現実です。

 

8

 

そのため、私達はこの取組をより高度に高め、そして拡げていきたいと考えています。なぜならば、日本の食糧自給率40%において、食に関連する水産加工に勤める人達の平均年齢は50代。また農業や漁業も60代が大半です。
このままの状態が10年20年続いた未来を想像してみてください。

 

9

 

日本の食は誰が確保するのでしょうか?みんな外国からの輸入に頼るのでしょうか?
島国である日本がそのような状態では、大変なリスクになることは誰が考えても明白です。
だからこそ、この問題を解決していくために、このプロジェクトをさらに力強く進めていきたいと思っています。

 

11

 

まずは、お試しで移住し、この町を知ってもらうと同時に、最先端技術なども誘致して、雇用条件の向上や、住環境・ライフスタイルの向上を追求して、定住人口を増やしていきたいと思います。

 

IMG_2391

 

このプロジェクトに賛同いただける多くの人達とつながって共に進めていきたいと思います。お問い合せは南三陸あいたーんまで!!

人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

震災から復興に向けて
がんばる東北!
あなたも、住んでみませんか?

東北あいターン